現在の位置 : ホーム > 観光スポット > レジャー・体験

観光スポット

観光スポット

「レジャー・体験」には27件の情報があります。
  1. 1
  2. 2
  3. 3

【体験】見附島でシーカヤック!

別名軍艦島と呼ばれる見附島の裏側を目指し、シーカヤックで島を一周する海のお散歩コースです。指導員が併走するので初めてカヤックに乗られる方や親子でも安心です。奥能登の里海を体感する、はじめの一歩としていかがですか。

 

能登半島で癒される珠洲旅

能登半島の先端・珠洲。世界農業遺産に認定された「能登の里山里海」の恵みを感じられる豊かな土地には、優しい素材があふれています。

珠洲で生まれた素材に癒される、ナチュラルな旅のおすすめプランをご紹介します。

 

★癒しと健康を体感「クアの道 鉢ヶ崎」★

鉢ヶ崎に設けた「クアの道」は、海風を感じながら松林や砂浜を歩きます。
さらに森の中も歩くことで、足腰にやさしく、筋力も鍛えられバランスをよくする効果が期待されています。

 

鉢ヶ崎オートキャンプ場

キャンピングトレーラーハウスは、トイレ、温水シャワー、テレビ、冷暖房等が完備されているため、快適なキャンピングライフを楽しめます。
また、敷地内には温水シャワー、ランドリー、洗面・炊事等の施設を集約したサニタリーハウスも設置されているため、全面芝張りのテントサイトをご利用の方でも充実したアウトドアライフを楽しめます。

 

鉢ヶ崎海水浴場

遠浅で、県内有数の透明度を誇る海が延々と続く海水浴場で、日本の渚・百選に選定された海岸です。
家族で、カップルで、気の合う仲間同士で思い思いの海水浴が楽しめます。青い海、白い砂浜、緑の松林が連なり、周辺には珠洲焼資料館や温泉、スポーツ施設などがあります。海水浴場には、温水シャワーやロッカー、トイレが完備された浜茶屋「レストラン鉢ヶ崎」が隣接しており、ここで食事をすることができます。

 

鉢ヶ崎野営場

テントを張ってキャンプができる鉢ヶ崎野営場は、自然を直に感じることができる場所です。すぐ目の前には白い砂浜と澄みきった青い海が広がり、夜になると満点の星空の下でキャンプファイヤーなどを楽しむことができます。
周辺には、バーベキュー場や共同炊事場、温水シャワーなどの設備が整っているため、充実したアウトドアライフを満喫できます。

 

飯田わくわく広場

珠洲市役所前にある飯田わくわく広場は、市内唯一の「足湯」が整備されており、連日周辺住民や市役所へ訪れた方々にご利用頂いています。
本館には毎年7月20日、21日に広場周辺で行われる「飯田町燈籠山(トロヤマ)祭り」の人形や写真をはじめ、市内で開催されるキリコ祭りの情報を展示公開しています。また、本館・回廊・広場は、イベント等にご利用頂けます。

 

木ノ浦健民休暇村

自然林に囲まれた木ノ浦海岸一帯は、野営場、オートキャンプ場などを備えた休暇村となっています。木ノ浦海岸には、能登半島有数のダイビングスポットがあります。澄んだ海と入り組んだ岩礁地帯が海域公園に指定されており、海中生物が数多く見られます。釣りにも絶好のポイントとなっています。2月から4月にかけては千本椿が真っ赤な花をつけ、夏とは違った趣を見せてくれます。

 

珠洲市営鉢ヶ崎テニスコート

鉢ヶ崎テニスコート場は、全天候型のコートが8面あり、ロッカー室やトイレ、シャワー室も完備されています。夜間照明設備も付いているため、ナイターでテニスを楽しむもできます。

 

道の駅すず塩田村

日本で唯一、珠洲の仁江海岸で受け継がれてきた「揚げ浜式」による塩づくりの歴史が学べる塩の総合資料館「揚浜館」と、実際に塩づくりが体験できる体験塩田があります。また、お土産品として塩の他に、珠洲焼や珪藻土コンロ等の珠洲の特産品の販売も行っています。
揚げ浜式とは、塩田に海水を撒いてかん水を作り、窯で煮詰めて作る製塩法で、約400年前と同じ方法で、唯一珠洲で受け継がれてきました。

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3